本文へスキップ

南留萌地域通年雇用促進協議会は厚生労働省が委託する通年雇用促進支援事業を通じて季節労働者の通年雇用化を支援します

TEL. 0164-42-2278

〒077-8601 留萌市幸町1丁目11番地 留萌市役所東分庁舎2階

各種助成金について
季節労働者向け季節労働







COMPANY

事業所向け助成金

・指定業種事業主向け

通年雇用助成金(事業所内・外就業助成)

 対象労働者を対象期間中(12月16日〜3月15日)、継続雇用し、かつ対象期間の翌年度の12月15日まで継続して雇用することが見込まれるとき、対象期間中に対象労働者に支払った賃金の一部を助成する制度です。
通年雇用助成金には、事業所内・外助成のほかにも各種助成があります。(各種助成には、それぞれの要件や上限が設けられています。)

休業助成

 対象労働者を対象期間中に継続して雇用したものの、やむを得ず休業された場合、休業期間中(1月1日〜4月30日)に支払った休業手当(60日分限度)と対象期間中に支払った賃金の一部を助成する制度です。
なお、休業手当を労働基準法第26条の規定どおり支払っている場合のみ助成対象となります。

業務転換助成

 対象労働者を季節的業務以外への業務へ転換させ、継続して雇用する場合、対象労働者に支払った賃金の一部を助成する制度です。

移動就労経費助成

 事業所内・外就業において、対象期間に指定地域外で適正な請負により指定業種に属する事業を行い、対象労働者を就労させ、その労働者の移動に要する経費を事業主が負担した場合には、移動に要した経費を助成する制度です。

職業訓練助成

 対象労働者を対象期間中に継続して雇用し、あわせて、業務に必要な知識及び技能を習得させるために職業訓練を実施した場合、訓練にかかった費用を助成する制度です。

新分野進出助成

 対象となる事業主が、季節労働者を通年雇用することを目的として、新分野の事業に進出するために必要な事業所を設置・整備し、対象となる労働者3人以上を継続して雇用する場合、設置・整備に要した費用の一部を助成する制度です。なお、対象労働者の通年雇用助成金(賃金助成)についても支給申請が必要です。


協議会からお知らせ
季節労働者向け助成金
資格取得の助成  
技能講習に要した費用の50%を助成します)10万円が限度

1 対象となる季節労働者
 
1)雇用保険の短期雇用特例被保険者として雇用されている方
 (2)離職者であって、直前の離職に係る雇用保険の被保険者の種
類が一般被保険者であったが、その離職に 係る雇用保険の受給資格を有しないものであり、かつ、前々職に係る雇用保険の被保険者種類が短期雇用特例被保険者であった者(前々職に係る離職が事業年度開始日の1年以上前であった者は除く)
2 対象となる教育訓練
※厚生労働大臣が指定するもの
※北海道知事が指定するもの
 
・大型自動車免許(T・U種) ・大型特殊免許 ・けん引免許 
 ・普通自動車免許(U種)   ・中型免許
   ・中型U種免許  他  
3 必要な書類等
@身分証明書「運転免許証または住民票(本籍記載)」
A印鑑(シャチハタ可)

B及び次のいずれか
  ・雇用保険被保険者離職者票(1・2)
  ・雇用保険特例受給資格者証
  ・雇用保険被保険者資格取得届出確認照会票による回答書

4 対象経費
 対象となる経費(入学金・受講料・テキスト代等)の5/10に相当する額。
※但し、試験料、検定料は助成対象外です
(1人の資格者について、同一の年度において10万円を限度とします)
 
また、本事業と類似する国や北海道の他の制度との両立を利用することはできません
5  助成金を受ける場合の手続き (必ず受講前に協議会に相談に来てください)

 ・受講前の事前相談後、利用申請書を提出していただきます。
 ・助成金は免許検定試験の合格、または、教育訓練の受講終了か、平成31年3月15日の
 いずれかの早い日までに資格取得をしていなければなりません。

※予算に限りがありますのでお早めの手続きをお願いします。
(先着順)

お問い合わせ・お申込みはお電話か、FAXでお願いします。

南留萌地域通年雇用促進協議会
留萌市幸町1丁目11番地
業務時間:平日(8時50分〜17時20分)
休日:土・日曜・祝日
TEL/FAX 0164-42-2278

   
 




ご登録することで、支援事業の
ご案内等をご提供します。

南留萌地域通年雇用促進協議会

〒077-8601
留萌市幸町1丁目11番地 
留萌市役所東分庁舎2階

TEL /FAX 0164-42-2278





3